地球を救う太陽光発電

  • Q

    なぜ人は、太陽光から電気を作るシステムを考えたの?

  • A

    このままでは地球は、これから生きていく子供達や、大きくなっていくお孫さん達の時代には、 大変な事になってしまうかも知れないからです。

将来、枯渇する可能性のある石油などのエネルギー資源の大量消費によって、大気中に温室効果ガス(CO2)などが多量に放出され、 〈温暖化〉〈海面上昇〉〈異常気象〉〈酸性雨〉などの悪影響をもたらす原因になっています。

しかし、私たちがよりよい環境で暮らしていく為には、何かしらのエネルギーが必要不可欠なのです。 そして、太陽の光エネルギーから電気を作り出す、太陽光発電という代替エネルギーが注目されてきた訳です。

ここで少し太陽光発電のシステムを説明 我が家が発電所に

住宅用「太陽光発電システム」とは、太陽電池で発電した電力をご家庭で利用できるシステムです。

太陽光発電システム説明図
  1. @太陽電池モジュール

    太陽の光を電気に変換する優れ者。

  2. Aパワーコンディショナ

    発電した電気を家庭で使えるように変換、システム全体を自動管理する縁の下の力持ち。

  3. B屋内分電盤

    電気を家庭内の電化製品に分配するしっかり者。

  4. C2つの電力メーター

    双子の仲良しメーターの役目は、電気は溜めておくことができないので、昼間の余った電気は電力会社に売る為と、 夜など電気を作れない時は、電気を買う為に2つ設置されている訳なのです。

未来への暮らしを照らす 太陽光発電

では、実際に太陽光発電システムを取り付けた、三重県 Y様宅の設置後の生活が、どう変化したか見てみましょう。