太陽光発電補助金制度

住宅用太陽光発電システムに国からの補助金決定!

(平成24年度住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金)

一定の要件を満たす住宅用太陽光発電システムの設置に対して補助が実施されます

太陽光発電システムで環境にeco(エ〜コと)しませんか?

  1. ◆ 募集期間

    平成24年4月19日(木)〜 平成25年3月29日(金) 消印有効

  2. ◆ 補助金額

    1kW当たりの補助対象経費(補助対象経費/太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値)により、補助金の単価が2段階の設定となります。

    1kW当たりの補助対象経費(税別)1kW当たりの補助金単価
    47.5万円以下(1) 3.5万円
    47.5万円を超えて 55.0万円以下(2) 3.0万円
    1.太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値が10kW以上の場合は、9.99kWとして算出します。
    2.補助対象経費とは、太陽電池モジュール、架台、パワーコンディショナ、その他附属機器(接続箱、直流側開閉器、交流側開閉器)、及び設置工事に係る費用(配線・配線器具の購入・電気工事等を含む)を対象とします。
    3.交付される補助金額は、申込時に確定した補助金額及び補助金単価が上限となります。
    よって、計画変更承認申請書、又は補助金交付申請書(兼完了報告書)提出時に、1kW当たりの補助金単価を(1)から(2)に変更することは出来ますが、(2)から(1)に変更することは認められません。
  3. ◆ 対象システム

    補助対象システムは次の要件を満たし、かつ、J-PECにより登録されていることが条件となります。

    1.低圧配電線と逆潮流有りで連系すること
    2.モジュール化後のセル実効変換効率が一定の数値を上回ること(種別毎に基準値を設定)
    3.一定の品質・性能が確保され、設置後のサポート等がメーカー等によって確保されていること
    4.補助対象経費が太陽電池公称最大出力1kW当たり55万円(税別)以下であること
    5.太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値、またはパワーコンディショナの定格出力の合計値のいずれかが、10kW未満であること
    6.太陽電池モジュール・パワーコンディショナは未使用であること

一部の地方自治体からも助成金が出ています

例えば  津市お住いの方で、太陽光発電システムを設置すると・・・

国の補助金3万円〜3.5万円/kW+津市の補助金10万円/件(5kW以上〜10kW未満)

・・・という形でそれぞれから支援されます。
国の補助金・各自治体の補助金は共に、募集期間や補助件数などが設けられています。
詳しくは、お電話などでお気軽にお尋ね下さい。

売電価格2倍の新制度

太陽光発電、売電価格が2倍

 

太陽光発電のチャンス!今なら補助金の活用も出来ます。

☆ この制度の賢い生活術!  
 
昼間電力(太陽光発電電力) → 売る (42円/kW)    
夜間電力  (○○電力会社) → 買う (24円/kW)  
 

売る電力料金は、買う電力料金の 1.75倍!   
昼間の電力を多く売って、夜間は安い電力の使用で 効果大


  1. ◆ 太陽光発電の余剰電力買取制度とは

    太陽光発電による電気が、自宅等で使う電気を上回る量の発電をした際、その上回る分の電力を、1キロワット時あたり42円等の価格で、10年間固定で電力会社に売ることができる制度です。買取りに必要となる費用は、電気の使用量に応じて電気を利用する方全員で負担する「全員参加型」の制度となっています。

  2. ◆ 買取価格

    平成23年度の買取価格は、住宅用(10kW未満)42円/kWh、住宅用(10kW以上)及び非住宅用40円/kWh等の買取価格に決まりました。 なお、平成22年度までの既契約者においては、従前の買取価格のままで変更はございません。

この制度により日本の太陽光発電の導入量を拡大することで、エネルギーの海外依存度が高い我が国のエネルギー自給率の向上や、地球温暖化対策、 さらに我が国のものづくり技術を活かした環境関連産業の成長にも大きく貢献できるものと期待されています。